moneyの真実 〜借金をキレイに整理しましょう〜

悪質取立

悪質な取立の実態

多額な借金でお困りの方は、多かれ少なかれ返済期限を守れずに、督促や取立を受けた経験があると思います。もちろん債権者からすると、期限を決めたにもかかわらず守っていないのですから、督促状や取立を行わないといけない状況かもしれません。しかし、だからといって、どんな取立を行ってもかまわないというわけではありません。取立にもしっかりと規制があり、法律で細かく規定が設けられています。その規定というのが「賃金業規制法」という法律です。

賃金業規制法

賃金業規制法とは、賃金業を営んでいるものが守るべきこととして、法律によって定められた規制のことをいいます。お金を貸す時の契約方法から、その内容、完済後までのこと全てが事細かく規定されています。つまり弱い立場である、お金を借りる側を守る法律だということを理解しておきましょう。そして、その中のひとつに取立に関する規定も細かく記載されています。原則として、債権者は、この賃金業規制法に定められた範囲内で、督促や取立を行う必要があります。それに違反した場合は、3年以下の懲役や300万円以下の罰金、または、営業停止などの厳しい罰則が定められています。

Valuable information

口コミ等の人気や評判を比較!おすすめの電子書籍ストアランキング!

2018/10/29 更新

copyright(c)2008. moneyの真実. all rights reserved.